収入証明が不要なカードローンのデメリットって何?

本来であればカードローンを利用する際には収入証明が必要となるのですが、条件によってはそれが不要となります。銀行の場合は、総量規制の対象外となっているので、一定の金額までであれば証明書を求めないところも多いのです。また、消費者金融の場合でも、借入金額が50万円以下であれば、法的義務はないので不要なところもあります。
したがって、フリーターや主婦や個人事業主のような人にとっては、収入証明が必要ないカードローンサービスは、かなり有難い存在かもしれません。書類を用意する手間も省けるので、スムーズに借り入れることができるでしょう。
ただ、収入証明が不要なカードローンは、良い部分ばかりというわけではなく、デメリットがあることも覚えておかないといけません。まず、消費者金融であれば50万円を超える借入は絶対にできませんし、銀行の場合でも100万円あたりを基準としているところが多いです。したがって、それ以上の金額を借り入れたいのであれば、証明書を提出しなければいけないのです。
そのため、場合によっては希望額よりも遥かに低い金額しか借入れできない可能性もあるので、その点には注意しなければなりません。数十万円程度を借り入れるには適しているかもしれませんが、100万円クラスになると収入証明がないとかなり困難になるのです。
もちろん、便利なサービスであることは間違いないのですが、メリットだけでなくデメリットもしっかり把握した上で、利用するようにすべきです。
カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエルはこちら